お知らせ

学会名が変わりました。
新:関西大学外国語教育学会
旧:関西大学大学院外国語教育学会

 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

オンライン状況

オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人
登録ユーザー25人

カウンタ

COUNTER304137

新着情報

 RSS
表示すべき新着情報はありません。
 

 
お知らせ >> 記事詳細

2024/03/06

「関西大学外国語教育学会 第18回研究大会」開催のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
早春の候、皆様におかれましては、ますますご壮健のことと拝察します。

 来る3月23日に「秋季研究会2023」を開催する運びとなりました。

今回のテーマは「外国語教育学の知見を如何に授業に応用するか」です。    
 「リスニング力、スピーキング力を向上させるためにどのような練習や指導が有効か」これは言語を問わず教える立場になると浮かんでくる疑問です。
 今回は、この問いに対する答えを音声学の見地から長年研究してこられた山根繁先生に理論に基づいた指導法をお話いただきます。
  多くの皆様のご参加をお待ちしております。

…………………………【記】……………………………
■日時 2024年3月23日(土)13:00〜16:00(受付:12:30〜)
   (総会16:00〜16:30)
■会場 関西大学千里山キャンパス岩崎記念館4FとZoomのハイブリッド開催
■参加費 無料(会員) 1,000円(非会員)
■参加方法 下記URLのPeatixページから事前にお申込みください。
      https://kufler-conference18.peatix.com/view
     (申込期限:3月22日(金)正午まで)

■プログラム(タイムテーブルは添付PDF裏面をご確認ください)
・基調講演:外国語教育学の知見を教育に応用する
 講師:山根 繁 先生
(本学会会長、関西大学大学院外国語教育学研究科・同外国語学部教授)

・ワークショップ:そこに使いやすさはあるんか?
—オンライン実験ツールGorilla Experiment Builderの紹介
 講師:黒木 祐輔 氏(関西大学大学院外国語教育学研究科博士課程前期課程)

・外教学会 研究部会による活動報告:
 1. 異文化理解 研究会
 2. 外国語学習における暗示的指導 研究会
 3. AIと外国語教育 研究会
……………………………………………………………………………………………
■概要
基調講演:外国語教育学の知見を教育に応用する
講師:山根繁先生
 (本学会会長、関西大学大学院外国語教育学研究科・同外国語学部教授)
 外国語教育学の研究分野では,これまで様々な理論が展開され,多くの知見が明らかになってきています。その様な理論や知見を,実際の教育に応用するための具体的な指導例を紹介します。特に,リスニング,スピーキング,発音指導面において,外国語教育学の理論に基づいた指導方法についてお話しします。例えば,シャドーイング練習はリスニング・スピーキング力向上に効果的だと言われますが,その理論的背景を示したいと思います。


ワークショップ:そこに使いやすさはあるんか?
—オンライン実験ツールGorilla Experiment Builderの紹介
講師:黒木 祐輔 氏
 (関西大学大学院外国語教育学研究科博士課程前期課程)

 これまでの多くの外国語教育研究の実験は対面で行われてきましたが,近年,オンラインによって実験を行うことができるツールが普及し始めています。そのひとつがGorilla Experiment Builderです。今回は時間の都合上,実際にそのツールの操作を体験していただくことはできませんが,ツールの概要と使用例についてお話しします。

外教学会第18回大会.pdf
22:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。