お知らせ

学会名が変わりました。
新:関西大学外国語教育学会
旧:関西大学大学院外国語教育学会

 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

オンライン状況

オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人
登録ユーザー25人

カウンタ

COUNTER190289

新着情報

 RSS
表示すべき新着情報はありません。
 

 
お知らせ >> 記事詳細

2021/02/03

第15回 関西大学外国語教育学会 研究大会 開催案内

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin

【第15回 関西大学外国語教育学会 研究大会 開催案内】

 

来る313日(土)関西大学外国語教育学会第15回研究大会を開催いたします。

AI時代の授業デザインについて青山学院大学の小張敬之先生にご教示いただきます。

皆さん奮ってご参加ください。

【記】

テーマ:コロナ禍で加速するSociety5.0語教育の⾏⽅とは

                                                        (オンライン開催)

講師:張敬之先⽣ (⻘⼭学院学教授)

日時 2021313⽇(土) 13:30-16:30 Zoom Open: 13:00~

参加費:無料

申込み先:https://forms.gle/WrRpxcrA68UPGA4F9

申込開始:202121日 10:00AM~ 定員:100

問合わせ:関⻄⼤学外国語教育学会研究会委員会 kandaigaikyou@gmail.com

 

-プログラム-

1部 理論編 13:40-14:40

 -Dominusilluminatio mea- コロナ禍でえてきた語教育の在り

2部 実践編 14:50-16:20

 AI時代の授業デザインとツール活

……………………………………………………………………………………

<講演概要> 

 コロナ禍中において国際社会全体が大きなパラダイムシフトを経験し,何を優先して生きて行くべきか,人生の羅針盤を再構築する機会に直面している。去年4月から日本の殆どの大学でオンラインの授業が展開されてきた。Society 5.0/DXの時代に向けて,形而上学的な観点から,命の尊厳,人生の意義・目的を教育の分野でも真剣に考える時である。本講演では「科学哲学・神学に基づいた世界観・神観」をふまえ,TechnologyEnhanced Language Learning をどう言語教育に応用したら良いのか,具体的な事例を含め,話をしたい。これまでFacebookLMSとして利用し,反転授業を中心に,CBL(Challenge-basedLearning)を様々なテーマ(SDGs, Oxford Martin School, Horizon Report 2020, Scientific Realism,Project, Worldview)を扱いながら,PresentationSkillを指導し,発表を中心とした授業(PeerEvalソフトで評価)を展開してきた。また国立シンガポール大学との国際交流(8週間),授業の展開の様子や学生の発表の様子を紹介しながら,コロナ禍中でも行えるオンライン授業の様々な形式を紹介し,学生がどのように変容したか,Workshopも含めて提議したい。

(小張敬之)


20:24 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。